このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 医療脱毛 家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛どちらを選ぶべきか徹底比較!

家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛どちらを選ぶべきか徹底比較!

325view

2018.01.23

脱毛効果は比較するまでもない

医療脱毛で行われる脱毛はレーザー脱毛ですが、最近では家庭用のレーザー脱毛器も販売されています。同じレーザー脱毛ということを考えれば、多くの人は効果に大きな差はないと考えるでしょう。しかし、家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛を比較すれば、医療脱毛のほうが圧倒的に脱毛効果は高いです。

家庭用レーザー脱毛器は、確かに効果が高いのですが、それは家庭用脱毛器の中で比較した場合の話です。家庭用脱毛器の中では、家庭用レーザー脱毛器が一番効果は高いのですが、医療脱毛とは比較するまでもないですし、脱毛サロンで行われている光脱毛と比較しても、家庭用レーザー脱毛器の脱毛効果は低いのです。そのため、とにかく高い脱毛効果を得たいという人には、医療脱毛のほうがおすすめです。

家庭用レーザー脱毛器の脱毛効果が低い理由

家庭用レーザー脱毛器の効果が低い理由は、単純に照射される光が弱いためです。実は医療脱毛で行われるレーザー脱毛は、医療行為です。高い出力で光を照射し、毛根を破壊する行為となりますので、医療従事者しか取り扱うことができません。毛根を破壊するとなると医療行為になるため、そのような高い出力の光を照射する脱毛器を一般発売することはできません。

そのようなことをしてしまえば、法律違反となってしまいます。家庭用レーザー脱毛器は、一般発売されている法には触れない製品ですが、法には触れないが故に、低い脱毛効果しか得ることができないのです。医療脱毛であれば、医師がしっかりと施術を行いますので、限界まで出力を上げることができます。その分、痛みも強くなってしまいますが、脱毛効果に関しては家庭用レーザー脱毛器の比ではないため、医療脱毛のほうがおすすめです。

料金の差は考え方によって変わる

家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛の値段を比較すると、シンプルに考えれば家庭用レーザー脱毛器のほうがお得だということになります。しかし家庭用レーザー脱毛器は、ランニングコストがかかります。一度購入すれば、それを永遠に使えるというわけではなく、ずっと使っていれば、カートリッジの交換であったり、本体自体を買い換えなければいけない時が来たりするのです。

また、肌に塗るジェルなどの料金もかかることになるため、本体価格以上のお金がかかってしまいます。しかし、それだけ様々な料金がかかることを考えても、医療脱毛よりは料金は安いということができます。医療脱毛は一つの部位のみであれば、家庭用レーザー脱毛器の料金を下回ることもありますが、ショットの回数などで見ると、やはり家庭用レーザー脱毛器のほうが安くなるのです。ただ、これは考え方によっては、真逆に考えることもできます。

効果が高いということを考えればお得

家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛を単純に比較すれば、家庭用レーザー脱毛器のほうが安いということになりますが、効果という面も含めて見れば、医療脱毛のほうがお得だということができます。医療脱毛で脱毛を行えば、多くの毛はかなり長い期間、再生することはありません。そのため、医療脱毛には一度脱毛を受ければ、それ以降かかるお金は少ないというメリットがあります。

しかし家庭用レーザー脱毛器の場合、毛根を破壊することはできず、弱らせるだけですので、必ずムダ毛は再生します。光脱毛よりも効果は弱いため、定期的に脱毛処理を行わなければ、効果を持続させることはできないでしょう。結果でいえば、かなりのランニングコストがかかります。

そのため、効果を含めて長い目で両者を比較すると、料金が安いのは医療脱毛になります。脱毛した状態をずっと持続させたいという人にとっては、値段という観点で考えても、医療脱毛のほうがおすすめです。

手軽さでいえば家庭用レーザー脱毛器

家庭用レーザー脱毛器には、絶対的に医療脱毛よりも優れている部分が1つだけあります。それは、お手軽だということです。医療脱毛を行う場合、施術を行おうと思ったら、契約をし、予約を入れて、クリニックに出向かなければなりません。それなりの時間がかかってしまいますし、営業時間もあるため、貴重な休日の半日程度を脱毛施術によって消費してしまうことになるでしょう。

施術は1回では終わらないため、何度も出向かなければならず、かなり面倒です。しかし家庭用レーザー脱毛器であれば、自分の好きな時間、暇な時間に脱毛処理を行うことができます。自分で処理を行わなければならないという面倒さはありますが、わざわざクリニックに通うよりは楽でしょう。

急な予定が入っても対応できますし、夜のちょっと暇になった時間で処理することができるため、効率の良い時間の使い方をすることができるのです。何度も処理をしなければならないため、総合的にかかる時間でいえば、医療脱毛よりも長くなってしまいますが、それでもお手軽に処理できるというのは大きなメリットです。これは医療脱毛では得られないメリットとなります。

恥ずかしくない家庭用レーザー脱毛器

家庭用レーザー脱毛器は自分で処理をするため、お手軽ということもあるのですが、恥ずかしくないというメリットもあります。医療脱毛でVIOの脱毛施術を行う際には、下半身をスタッフに露出することになります。それ自体が気恥ずかしく、苦痛だという人も多いでしょう。

しかし家庭用レーザー脱毛器であれば、自分で処理を行うことができるため、誰かに見られて恥ずかしい思いをすることはありません。ただし、家庭用レーザー脱毛器にはVIOのような粘膜のある部位の脱毛処理が禁止されている機器も多くあります。粘膜部分に誤って照射してしまうと、怪我や火傷などのリスクがあるからです。そのため、購入する際にはその辺りもしっかりと確認しておきましょう。

安全性は圧倒的に医療脱毛

先にも少し触れましたが、安全性という観点で考えれば、メリットが大きいのは医療脱毛です。粘膜部分には光を照射してはいけない、というように、脱毛を行う上では様々な注意点があります。もちろん、家庭用レーザー脱毛器にもしっかりとそのような説明が記載されていますが、勘違いして照射してしまったり、大丈夫だろうという勝手な自己判断で照射してしまったりということで発生するリスクもあるでしょう。

脱毛器の注意点を完全に理解するためには、それなりに勉強をしなければならないため、全員が全員、完全に正しい使い方ができるとは限りません。医療脱毛であれば、しっかりとした知識を持った医師が施術を行ってくれるため、このようなリスクは極端に下がります。そのため、安全性という意味では、医療脱毛のほうがメリットは大きいのです。

もしもの時にも安心な医療脱毛

脱毛を行う上では、肌トラブルのリスクが必ず付きまとってきます。そもそも脱毛は毛根にダメージを与えることになるため、その過程で肌は傷を負ってしまうからです。そこから菌が入れば、肌トラブルとなってしまうため、絶対に肌トラブルがないと言い切れません。ただし、医療脱毛であれば、肌トラブルが発生しても、医師がそこにいるため、安心でしょう。

肌トラブル保証はほとんどのクリニックについているため、治療費もクリニックに負担してもらえます。家庭用レーザー脱毛器の場合、治療費も自己負担となりますし、トラブルが発生してから治療にかかるまでの時間が空いてしまうというデメリットがあります。治療にかかるまでの時間が空いてしまうと、肌トラブルが悪化することも多いため、医療脱毛のほうが安全性は高いのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ医療脱毛クリニックを探す

おすすめ医療脱毛クリニックをもっと見る

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る