このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 医療脱毛 医療脱毛をおすすめする理由|リスクが心配な人にこそ最適なのはなぜ?

医療脱毛をおすすめする理由|リスクが心配な人にこそ最適なのはなぜ?

428view

2018.01.23

いわゆる「永久脱毛」をしようと考えた場合、少し検索するだけでも、脱毛サロンや医療脱毛クリニックの名前がたくさん出てきて、

「どこで受けたらいいのかわからない!」

と混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、脱毛を受けたことでリスクにさらされるのは困るからですよね。

リスクが心配な人には、医療脱毛クリニックの医療脱毛がおすすめです。

今回は、医療脱毛をおすすめする理由を紹介します。

 

脱毛にはどんな種類があるの?医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛は大きく分けて「医療脱毛」と「エステ脱毛」の二つに分かれます。

医療脱毛

医療脱毛は、黒色だけに反応する特殊なレーザーを照射して発毛に関わる組織を破壊し、毛を生えなくする脱毛方法です。

「レーザー脱毛」ともよばれています。

医療脱毛の脱毛器を使うことはもちろん、発毛に関わる組織を破壊することは医療行為とみなされるので、医師や看護師しか行うことができません。

したがって、医療脱毛ができるところは「○○クリニック」「○○美容外科」といった医院の名称になっています。

後述のエステ脱毛よりも照射パワーが強く、脱毛効果が非常に高いのが一番の特徴。

いわゆる「永久脱毛」ができるのは医療脱毛だけで、脱毛効果が高く、医師や看護師が施術をすることから、エステ脱毛よりも高額なのがデメリットです。

エステ脱毛

エステ脱毛は、発毛に関わる組織を弱らせ、毛の再生を抑える脱毛方法です。

エステサロンや脱毛サロンで使われている脱毛方法で、

  • IPL脱毛
  • S.S.C.脱毛
  • SHR脱毛

などといった種類があります。

黒色に反応して光を照射し、発毛に関わる組織を弱らせるタイプの脱毛方法が主流ですが、じわじわと肌を温めて発毛に関わる組織を弱らせるタイプの脱毛方法を採用するところも増えてきています。

エステ脱毛は、医療脱毛の脱毛器よりも照射パワーが弱いため、料金が安くて気軽にできるのがメリットです。

また、店舗も医療脱毛より多く、通うのに便利な立地の店を見つけやすいのも、エステ脱毛の魅力。

ただ、脱毛効果が医療脱毛よりも劣るのがデメリットで、永久脱毛はできません。

医療脱毛はメリットだらけ!医療脱毛をおすすめする理由

冒頭でもお話しした通り、おすすめしたいのは医療脱毛です。

その理由は、以下のとおりです。

脱毛効果の高さ

おすすめする一番の理由は、脱毛効果の高さです。サロン脱毛は料金が安いので気軽にできますが、脱毛効果があまり高くないので、脱毛が完了するまで何回も施術に通わなくてはいけません。

完全に脱毛が完了するまで、サロンによっては2年、3年とかかることもあります。それだけの長い期間にわたって通い続けなくてはいけないのは手間もかかりますし、なるべく早く脱毛は終わらせたいですよね。

また、1回当たりの料金が医療脱毛より安くても、何回も通うと結局トータルでは高額になることもあります。その点、医療脱毛なら、2ヶ月に1回の間隔で1年ほど通えば脱毛は完了します。長く見ても、14ヶ月ほどで完了します。脱毛効果が高いので、長く通わなくて済むのです。

肌トラブルにも安心の対応

医療脱毛の機械はどんどん進化を遂げており、痛くないよう、肌への負担を最小限に抑えるよう工夫がされています。

それでも、毛根を生えてこなくするほどの威力がある光を肌に当てるわけですから、アトピーなど肌の弱い方は施術後に肌トラブルが起きるリスクもあります。

医療脱毛でしたら、施術をするのは医師や看護師です。肌トラブルにも万全に対応してもらえるので安心です。肌が弱い方には医療脱毛がおすすめです。

痛みが心配な方は麻酔もできる

いくら痛くないように機械が進化しているといっても、どうしても脱毛に痛みは伴うものです。

医療脱毛の強みは医師や看護師が施術してくれること。これはお店によってやっていないところもありますが、痛みが怖い、心配な方のために笑気ガスや麻酔クリームなどで麻酔をかけてくれるクリニックもあります。サロン脱毛では医療行為はできないため、麻酔もできません。痛みが心配な方にも医療脱毛はおすすめです。

医療脱毛にリスクはあるの?

医療脱毛は強いレーザーを肌に当てますから、なんらかの副作用が起きないか心配な人も多いでしょう。

よくいわれるのが、「レーザーを当てることでがんになるリスクがあるのではないか」ということです。

光=紫外線=皮膚がん、と連想するのでしょう。

医療脱毛で使われているレーザー光の波長は赤外線に分類されるので、紫外線とは全くの別物です。

紫外線は含まれていないので、皮膚がんのリスクは全くありません。

これは日本医学脱毛協会から公式に発表されていますから、安心できますね。

また、肌が弱い方には医療脱毛がおすすめと先ほどおはなししましたが、光にアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

日光アレルギーといわれるアレルギーは紫外線が原因です。紫外線アレルギーともいわれますね。紫外線アレルギーでしたら、レーザー光には紫外線が含まれていないので医療脱毛は問題なくできます。

ここで注意をするのは、紫外線ではない光アレルギーです。まれなケースなのですが、紫外線だけでなく光そのものに対してアレルギーを持っている方もいます。その場合はレーザー光でもアレルギーを起こすリスクがありますので、医療脱毛はできません。

紫外線アレルギーの方は、ご自分が紫外線だけのアレルギーなのか、光全般のアレルギーなのか、事前にパッチテストをしてもらうことをおすすめします。

ちなみに、サロン脱毛で使われている光も赤外線なので、皮膚がんのリスクはありません。当然紫外線アレルギーの方でも脱毛は問題なくできるはずなのですが、サロンによっては紫外線アレルギーの方は断られることもあるようです。万が一何らかのトラブルが起こった場合、営業停止になるなどリスクが大きいからかもしれませんね。

医療脱毛を受けるにあたってのアドバイス

最後に、医療脱毛をお考えの方へ、施術を受けるにあたってのアドバイスをいくつかご紹介します。

脱毛完了まで、約1年を目安にする

医療脱毛はいくら脱毛効果が高いといっても、脱毛が完了するまで約1年はかかります。脱毛効果が高いのになぜ1年もかかるのだろうと思いましたか?

人間の毛には毛周期といわれる成長サイクルがあります。毛が成長している「成長期」→毛が毛根から離れて抜け落ちていく「退行期」→毛が抜け落ちた状態の「休止期」という成長サイクルを繰り返しているのです。

医療脱毛はレーザー光で毛根を刺激して毛を生えなくする仕組みですから、毛根と毛がくっついた状態の成長期にしか効果がありません。身体全体の毛のうち、施術のときに成長期の状態の毛は数分の一です。そのため、すべての毛を満遍なく施術するには、何回か通う必要があるのです

医療脱毛の場合は約1年が目安です。肌の露出が多くなる夏にはムダ毛が気にならなくなる程度に脱毛をすすめておきたいなら、秋冬に脱毛を始めるのがおすすめです。

回数パス、年間パスを利用する

先ほどもおはなししたとおり、人間の毛には成長サイクルがあり、1回で脱毛が終わることはありえません。クリニックによって通う間隔の目安は少し違うかもしれませんが、だいたい2ヶ月おきに6回から7回通えば脱毛が完了するというのが目安です。

最初から6回もしくは7回分の施術がセットになった回数パスを契約すると、1回ごとに料金を払うよりもお得になるケースが多いです。

春夏はカーディガンなどの羽織物を持参する

施術を受けたあとは、一時的に毛穴が赤くぼつぼつと湿疹のようになることがあります。

これは肌が軽く炎症を起こしている状態で、時間が経てばおさまるのですが、施術直後は目立ちますので、腕や脚などを脱毛する場合、半袖やノースリーブ、ミニスカートやショートパンツといった腕や脚を露出する服装の場合、人の目が気になると思います。

羽織物を持参したり長いパンツをはいたりして、ぼつぼつ肌が隠れるように配慮するといいでしょう。口周りなど顔脱毛の場合は、マスクを持参するといいです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ医療脱毛クリニックを探す

おすすめ医療脱毛クリニックをもっと見る

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る